高濃度ビタミンC点滴療法学会

 

高濃度ビタミンC点滴療法学会 会則

1.本会は、特定非営利活動法人高濃度ビタミンC点滴療法学会という。

2.本会は、事務局を東京都世田谷区奥沢8-30-10に置く。

3.本会は、分子整合栄養医学を基に、安全性向上のための
 G6PD(グルコース6-リン酸脱水素酵素)検査を行い、米国メリット薬品社製の
 高濃度ビタミンCを用いた点滴療法の進歩、発展に寄与することを目的とする。

4.本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
  1.米国メリット薬品社製高濃度ビタミンC使用に関する調査・研究・資格認定
  2.会誌などの編集・発行
  3.年次大会、学術講演会、国際学会などの開催
  4.その他、本会の目的を達成するために必要な事業

5.本会の会員は、正会員、賛助会員の2種とする。

6.本会に入会を希望するものは、所定の入会申込書を提出しなければならない。
 なお、入会に際しては常任理事会による審査承認を必要とする。

7.会費の年額は、次の通りとする。
  1.正会員
   1.入会費 5,000円
   2.年会費 10,000円【毎年6月に徴収】
   3.入会費、年会費は、全額を前納することを原則とする。
    既納の会費は、いかなる事由によるも返却しない。
   4.学会、講演会等の開催時に経費を必要とする場合は
    別途特別会費を徴収する。

  2. 賛助会員
   1.賛助会費 120,000円(1年毎に)

8.退会を希望するものは、理由を付して退会届を提出しなければならない。
 この際、会費未納者は、未納金額を納入しなければならない。

9.本会の会員は、次のことができる。
  1.会誌の配布を受けること。
  2.本会が主催する諸行事に参加し発表すること。
  3.会誌に投稿すること。

10.本会は意思決定機関として、次の会議体を置く。
  1.総 会:定期総会は年1回開催し、出席会員をもって構成する。
       臨時総会は必要に応じて開催できる。
  2.理事会:年1回以上開催し、理事の過半数の出席によって成立する。
  1.ただし、委任状を提出した理事は出席とみなす。
  3.常任理事会:理事会は会長および代表理事より構成される
   常任理事会を設ける。また、必要に応じて、会長は各種委員会を
   設けることができる。

11.本会は、下記の役員および事務局を置く。
  1.理事長:1名;本会を代表し、会務を総理し、会議を招集してその議長となる。
  2.理 事:10名以内;会長とともに理事会を構成する。
  3.事務局:事務を処理するために若干名の職員をおく。職員は会長が任免する。

12.本会における役員の選出は、次の方法による。役員の任期は2年とし、重任は妨げない。
  また、任期の途中で補充された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  1.理事長:理事会において、理事の中から投票により選出する。
  2.理 事:同上

13.本会の運営経費は、会費をもってこれに当てる。
  賛助企業の寄付金は理事会の議を経て運営費に組み入れることができる。
  本会の会計年度は、毎年6月1日より5月31日までとする。
  予算ならびに決算については総会の承認を要する。

14.本会則の改正には、理事会の議を経て、総会の承認を得ることを要する。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional